田代眞一会長・客員研究員紹介

1)田代眞一会長 (このページ下)

2)長島司 客員研究員

3)野田信三 客員研究員


田代眞一会長 プロフィール

一般社団法人 国際アロマセラピー科学研究所 所長兼会長

田代眞一 (たしろしんいち)

1947年(昭和22年)7月29日京都市生まれ

京都市在住


【学歴】

1960年3月・京都学芸大学(現・京都教育大学)附属京都小学校 卒業

1963年3月・京都学芸大学(現・京都教育大学)附属京都中学校 卒業

1966年3月・京都市立紫野(むらさきの)高等学校 卒業

1972年3月・富山大学薬学部薬学科 卒業

1974年3月・富山大学大学院薬学研究科修士課程修了(薬品生物科学教室、主任・長谷純一教授)

1978年3月・京都大学大学院医学研究科博士課程修了(医化学教室、主任・沼正作教授)

 

【職歴】 太字は常勤

1978年4月・帝塚山(てづかやま)学院短期大学講師(非常勤:栄養生理学・栄養食物実験/95年3月迄)

帝塚山学院大学講師(非常勤:栄養学/79年3月迄)

京都大学医学部研修員(医化学/79年3月迄)

9月・国立京都病院(現:独立行政法人国立病院機構京都医療センター)臨床研究部研究官(82年7月昇任迄)

1982年8月・国立京都病院臨床研究部主任研究官(93年11月退職迄)

1983年4月・昭和大学医学部講師(非常勤:公衆衛生学/91年3月客員教授就任迄)

1991年4月・昭和大学医学部教授(客員:公衆衛生学/98年3月迄)

京都薬科大学講師(非常勤:薬物治療学/94年3月迄)

9月・中国医科大学教授(客座:薬理学)

1993年10月・昭和薬科大学講師(非常勤:臨床化学/93年11月教授就任迄)

12月・昭和薬科大学教授(病態科学/12年1月迄)

1996年10月・長春(ちょうしゅん)中医学院名誉教授 (内科学)

1998年12月・遼寧(りょうねい)中医大学教授(客座:薬理学)

2000年8月・内蒙古(うちもうこ)医学院名誉教授(薬理学)

2001年9月・哈尓濱(はるぴん)医科大学教授(客座)

2002年3月・瀋陽(しんよう)薬科大学教授(客座)・中日医薬学研究所名誉理事

2002年4月・秋田大学医学部講師(非常勤:薬理学/04年3月迄)

       岩手医科大学医学部講師(非常勤:薬理学/07年3月迄)

2002年10月・名古屋大学医学部講師(非常勤:東洋医学/07年3月迄)

2003年4月・長崎大学医学部講師(非常勤:応用薬理学→東洋医学)

       明治国際医療大学(旧称:明治鍼灸大学)大学院博士課程講師(非常勤:臨床医学臨床鍼灸学特論/10年3月迄)

2004年4月・東京女子医科大学医学部講師(非常勤:東洋医学)

2005年4月・京都大学医学部講師(非常勤:医学概論、東洋医学/11年3月迄)

2006年4月・東海大学医学部講師(非常勤:東洋医学)

福井大学医学部講師(非常勤:東洋医学)

藤田保健衛生大学医学部教授(客員:東洋医学)

明治薬科大学教授(客員:卒後教育・漢方薬理/11年3月迄)

防衛医科大学校講師(非常勤:東洋医学)

2006年9月・浙江(せっこう)中医薬大学教授(客員:薬物研究所)

2007年4月・杏林大学医学部講師(非常勤:東洋医学)

2009年4月・日本大学医学部講師(非常勤:東洋医学)

2010年4月・金沢大学医学部講師(非常勤:東洋医学)

2012年1月・病態科学研究所所長

(日本セラピスト登録協会が法人化により) 

2014年7月・一般社団法人 国際アロマセラピー科学研究所長 

現在に至る

 

【学会等での主な活動】

乳房文化研究会・会長

国際植物療法協会・会長

日本保健医療学会・会長・第1回大会(2008年)大会長

日本アロマセラピー学会 元副理事長

日本セラピスト登録協会・会長(当研究所の前身)

国際天然薬物資源開発シンポジウム・代表世話人・日本代表

日本臨床中医薬学会・副理事長・理事・第2回学術大会(2002年)大会長

臨床漢方薬理研究会・顧問(前会長)

BACT(Biological Approaches to Cancer Treatment)研究会・顧問

日本地域薬局薬学会・顧問

日本アロマ環境協会(旧称:日本アロマテラピー協会)・顧問

国際天然薬物と消化管エコロジーシンポジウム・事務局長

世界中医薬学会連合会中薬薬理専業委員会・常務理事


田代眞一会長への講演のご依頼について

田代先生への講演会のご依頼は、当ホームページにある、お問い合わせフォームからご相談ください。